2012.02.19

白熱のバルセロナ対バレンシア…名物カードは両指揮官の采配にも注目

 レアル・マドリードとバルセロナによる“クラシコ”に次ぐ、近年の名物カードともいえる両チームの対戦。既に3度顔を合わせている今シーズンも、手に汗握る戦いが続いている。メスタージャ(バレンシアの本拠地)が舞台となった9月の第5節および先月のコパ・デル・レイ準決勝ファーストレグでは共にドロー(2-2、1-1)と両者譲らず、カンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)に舞台を移したセカンドレグで、バルセロナがようやくバレンシアを2-0で下した。

 再びホームで戦えるこの試合では有利が予想されているバルセロナだが、前節オサスナ戦では2-3でよもやの黒星を喫し、アウェーの苦手ぶりを改めて露呈。首位レアル・マドリードとの差は10ポイントに広がり、4連覇に向けて赤に限りなく近い黄信号が灯ってしまった。一方、同じくアウェー戦となったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグでは、レヴァークーゼンに3-1で快勝し、準々決勝進出に大きく前進した。

 レヴァークーゼン戦では、MFアンドレス・イニエスタとMFセルヒオ・ブスケがスタメンに復帰したことで、中盤の安定感を取り戻した。また、同試合で2ゴールを挙げたFWアレクシス・サンチェスが調子を上げてきているのは、FWリオネル・メッシに大きな負担が掛かっている攻撃陣においては非常に大きい。その一方で、ふくらはぎに再び違和感を訴えたMFシャビ・エルナンデスは出場が厳しいと見られている。また、レヴァークーゼン戦でDFジェラール・ピケが 招集外となったことについては様々な憶測が飛び交っており、この試合での動向が話題となっている。

 一方、3位が定位置となっているバレンシアは、リーガ・エスパニョーラでは直近4分1敗と調子を落としていたものの、前節スポルティング・ヒホン戦には ホームで4-0と圧勝し、2012年の初白星を挙げた。また、続くヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のストークとのファーストレグでもアウェーで 1-0と勝利し、チームは再び上昇基調を迎えている。

 今回の一戦に向けては、今シーズン3度の対戦で唯一黒星を喫した試合に欠場したFWロベルト・ソルダードを起用できるため、大きなプラスとなる。一方、ウィルス性の風邪によりストーク戦で招集を外れたDFジョルディ・アルバが復帰できるか否かは、戦術面で重要な鍵を握る。実際、ここまでの数シーズンの対戦において、同選手の前方にDFジェレミ・マチューを配置して左サイドを制圧してきたバレンシアは、直近のコパ・デル・レイの2試合ではバルセロナに対 し、DFカルラス・プジョルを右サイドバックに起用するという守備的な布陣を採用させることに成功している。

 サイドでの攻防に見られる通り、この2チームの対戦では両指揮官の采配も見所の1つとなる。共に2008-09シーズンからチームを率いているジョゼップ・グアルディオラ監督とウナイ・エメリ監督は、それぞれ41歳、40歳と同年代であり、互いの力量を認め合う間柄にある。また、5年半の長期政権を築いていたスポルティング・ヒホンのマヌエル・プレシアード監督が解任されたことにより、“グアルディオラのバルセロナ対エメリのバレンシア”は、リーガ・エスパニョーラで続けられている対戦の中で最も顔合わせが多いカードとなった。若手屈指の指揮官として名声を博すなど共通点が多い両者だが、来シーズンの去就が決まっていない点でも状況は似通っている。これまで凌ぎを削ってきた両監督によるバルセロナ対バレンシア戦は、今シーズンで見納めとなる可能性もあるだけに、最後までしっかりと熱戦を見届けたい。

【予想スタメン】
・バルセロナ[4-3-3]
GK:1.ビクトル・バルデス
DF:2.ダニエウ・アウヴェス、3.ジェラール・ピケ、5.カルラス・プジョル(14.ハビエル・マスチェラーノ)、22.エリック・アビダル
MF:16.セルヒオ・ブスケ、(15.セイドゥ・ケイタ)、4.セスク・ファブレガス、8.アンドレス・イニエスタ
FW:9.アレクシス・サンチェス、10.リオネル・メッシ、17.ペドロ・ロドリゲス(23.イサーク・クエンカ)

・バレンシア [4-2-3-1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:23.ミゲル、4.アディル・ラミ、18.ビクトル・ルイス、17.ジョルディ・アルバ(22.ジェレミ・マチュー)
MF:6.ダビド・アルベルダ、10.エベル・バネガ、8.ソフィアーヌ・フェグリ、7.ジョナス、22.ジェレミ・マチュー(14.パブロ・ピアッティ)
FW:9.ロベルト・ソルダード

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る