2012.02.18

セビージャのミチェル新監督、波に乗るオサスナから初勝利を挙げるか

 ミチェル新監督の初陣となった前節レアル・ソシエダ戦も0-2と惨敗し、8試合勝利がなく順位を13位まで落としたセビージャ。ミチェル監督は伝統の4-4-2から4-3-3へとシステムを変え、よりボールポゼッションを重視したプレースタイルを浸透させようとしているが、復調への道のりは簡単ではなさそうだ。

 今節は故障が相次ぐMFディエゴ・ペロッティに加え、レアル・ソシエダ戦で右ひざを痛めたMFホセ・アントニオ・レジェスの出場が危ぶまれている。一方、発熱で寝込んでいたGKハビ・バラス、出場停止明けのDFジュリアン・エスキュデ、そして練習中に掴み合いのケンカを繰り広げ、レアル・ソシエダ戦の招集メンバーから外されたMFガリー・メデルとDFエミル・スパヒッチらは戻ってくる。ホームの初陣となるミチェル監督にとっては初めてほぼベストのメン バーで挑める試合なだけに、どのような形で「ミチェル色」が見られるに注目したい。

 対するオサスナは前節バルセロナを3-2で破るサプライズを起こし、年明け以降5試合も続いた未勝利の流れを絶ち切った。バルセロナ戦で1ゴール1アシストと大活躍したMFラウール・ガルシアが累積警告で出場停止となったのは痛いが、同試合で2ゴールを挙げたFWデヤン・レキッチや好守を連発したGKアンドレス・フェルナンデスなど乗っている選手が多いだけに、アウェーとはいえ不振が続くセビージャを勢いで飲み込んでしまう可能性はあるだろう。

【予想スタメン】
・セビージャ[4-3-3]
GK:13.ハビ・バラス(1.パロップ)
DF:23.コケ、6.スパヒッチ(14.エスキュデ)、2.ファシオ、3.フェルナンド・ナバーロ
MF:11.ラキティッチ(16.カンパーニャ)、8.メデル、15.トロホウスキ
FW:7.へスース・ナバス、9.ネグレド、20.マヌ・デル・モラル

・オサスナ [4-4-2]
GK:25.アンドレス・フェルナンデス
DF:2.マルク・ベルトラン、23.セルヒオ・フェルナンデス、4.ミゲル・フラーニョ、20.ユッカ・ライタラ
MF:16.アルバロ・セフド、10.プニャル、6.シャバド・ネコウナム、21.ロランド・ラマ
FW:9.デヤン・レキッチ、17.ニーノ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る