2012.02.16

完敗のヴェンゲル監督、ベスト8進出を絶望視「大会から脱落した」

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが15日に行われ、ミランとアーセナルが激突。名門クラブ同士の対決となったが、結果は4-0。ミランがアーセナルに大勝し、ベスト8進出に大きく近づいている。



 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は試合後、ベスト8進出の可能性が限りなく低くなってしまったことを認めた。『UEFA.com』が伝えている。

「逆転するには点差が開き過ぎてしまった。もちろん逆転を目指すが、かなり難しいだろう。しかし、これ以上悪くなることはありえない」

「序盤から追う立場となってしまった。このレベルでは決して許されないゾーンでボールを失い続け、猛攻を受けてしまったね。これが大きな問題点だったが、その後の対応も鈍かった」

 また、アーセナルの公式HPでは、ヴェンゲル監督のコメントを次のように伝えている。

「現実的に考えよう。我々は夢の世界でプレーできないからね。たぶん(ベスト8進出の確率は)2パーセント、あるいは5パーセントぐらいだろう。大会から脱落したと言える」

 セカンドレグは3月6日に、アーセナルのホームで行われる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る