2012.02.15

セスク、敵地での勝利に満足「僕らは試合を支配した」

 バルセロナは14日、チャンピオンリーグ決勝トーナメント1回戦でレヴァークーゼンと対戦し、1-3と敵地で勝利を収めている。

 この試合でアシストを1つ決め、フル出場を果たしたMFセスク・ファブレガスは勝利に満足感を示しつつも、カンプ・ノウでのセカンドレグを全力で戦う必要があると語った。クラブの公式HPが伝えている。

「後半の始め、僕たちは眠ってしまっていたね。でも他の時間帯は、良いプレーをできていたよ。1回のカウンターアタックで試合が、難しくなることもあるけど、僕らは試合を支配していた。満足しているよ。良い結果を得られたけど、フットボールでは相手チームをリスペクトする必要がある。カンプ・ノウでも全力を出さなければならないよ」 

 なお、カンプ・ノウでのセカンドレグは3月7日に行われる予定だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る