FOLLOW US

ボルトン宮市、デビュー戦で手応え「次は得点できると確信」

 ボルトンに所属する日本人FW宮市亮は、11日に行われたプレミアリーグ第25節のウィガン戦に出場。日本人最年少プレミアデビューを果たした。チームは1-2で敗れてしまったが、宮市はプレミアリーグでの活躍に手応えを感じているようだ。クラブの公式HPで語っている。

「プレーできて嬉しかったです。プレミアリーグについて、より分かった。でも試合には負けてしまったから、心から楽しむことはできなかったですね」

「監督は僕を起用してくれて、自分のサッカーをしてこいと言ってくれた。ディフェンダーたちへ走り込んでほしいと言われたから、トライしていました」

「ゴールを取るチャンスはあったけど、キーパーが良いセーブをして阻まれてしまいました。もし得点を決められたら、もっとすべてがポジティブになっていたと思う。次は得点できると確信している」

「後半はチームとしてボールも人も動いていたけど、結果がついてこなかった」

「ウィガン戦でやったようなプレーを続けていかなければいけない。先発で出場できれば良いと思っています。簡単ではないけど、毎日成長していると思う」

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA