2012.02.13

決勝点の香川を現地紙とクロップ監督が絶賛「天才的なボールタッチ」

 11日に行われたレヴァークーゼンとの一戦で、華麗なテクニックで相手DFを抜き去り、決勝点をマークしたドルトムントの香川真司。苦しい試合展開の中、チームを勝利に導いた日本人選手を、ドイツ紙『derwesten』が絶賛している。
 
 同紙は、香川に翻弄された相手DFのバスティアン・オチプカを取り上げ、「ゴールシーンを見る限り、ドイツの基準で見てコンパクトな体格・体重のDFは、現代フットボールにおいて既に重すぎるようだ」と表現。
 
 ドルトムントの監督であるユルゲン・クロップも同じく香川を絶賛。試合後、香川の得点シーンを振り返り、「素早く、それでいてボールタッチが天才的だった」と、賛辞を述べている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る