FOLLOW US

アメリカへの帰還が迫るアンリ「ただアーセナルを助けたかった」

 NYレッドブルズからアーセナルにレンタル移籍している元フランス代表FWのティエリ・アンリ。ガナーズのレジェンドは、11日に行われた自身のプレミアリーグ最終戦となるサンダーランド戦で、ロスタイムに勝ち越し弾を決めてチームを勝利に導いた。移籍後6試合で3得点と、34歳になっても卓越した得点力に陰りは見られない。
 
 アンリは15日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のミラン戦にも出場可能。しかし17日にレッドブルズに帰還するため、ミラン戦がアーセナルでの最後の試合となる。
 
 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督はアンリのレンタル帰還の延長を希望。さらには将来的にアンリをクラブに戻す可能性も否定しなかった。そのことについてアンリは、「分からない。監督に尋ねた方がいいよ」と明言を避けている。一方で、アンリはこれまでの出来事も振り返っている。
 
「メキシコでの休日中のことだった。ヴェンゲルがアーセナルに帰ってきたいかどうか尋ねたんだ」
 
「僕はチームを助けたいと言った。それがすべてさ」
 
「すべてのことがとても早く起こったね。あっという間だった。僕はミラン戦の後の準備も既にしているよ」
 
「これまで起こった出来事について考えると、夢だったんじゃないかって時々思うよ。今自分は再びアーセナルの選手となっているんだ。後一試合だけど、これまで同様、ただただチームを助けたいと思っている」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA