FOLLOW US

ボルトン宮市、日本人最年少デビュー戦にチーム最高評価/英紙

 ボルトンに所属する日本人FWの宮市亮は、11日に行われたリーグ第25節のウィガン戦で後半から出場し、日本人最年少プレミアデビューを果たした。

 宮市は後半開始からピッチに立った。序盤はなかなかパスをもらえないシーンが目立ったが、ボールを受けた際には持ち前のスピードとドリブルを披露。徐々に信頼をつかむと、85分にはGKと一対一の場面を迎えた。惜しくも決定機を決められず、ヒーローになることはできなかったが、積極的なプレーでボルトンの攻撃を活性化させた。

 イギリス紙『サン』は試合の採点を発表。宮市は後半のみの出場ながら、チーム最高点となる「7」の高い評価を受けた。両チームを通じても2位タイとなる高評価。守備面では危ういプレーを見せた宮市だったが、攻撃面では大きなインパクトを与えたようだ。

 また、『スカイスポーツ』も及第点となる「6」の評価を下している。宮市は次につながるプレーをデビュー戦で披露したと言えそうだ。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA