FOLLOW US

レアルが前半戦で負けたレバンテをサンチャゴ・ベルナベウに迎える

 昨年12月10日のセビージャ戦以来6試合白星がなく、その間に得た勝ち点は3ポイントのみ。そんな成績でも、チャンピオンズリーグ出場圏内である4位に12節以降ずっと君臨しているのが、レバンテだ。これだけ上位に位置しているのは、リーグ序盤の快進撃に加え、上位を目指すライバルクラブがこの1月中にずっと足踏み状態だったおかげであるが、前節はついに5位エスパニョールと勝ち点32で並んでしまった。レバンテの真の目標である残留確定まで、あと勝 ち点10程度は必要であるため、そろそろ悪い流れを断ち切っておくべきだろう。

 11月まで好調を維持し、世間を驚かせてきたレバンテが、ここまで落ち込んだのには理由がある。コパ・デル・レイで負傷者が続出したチームは、MFフアンル、MFホセ・ハビエル・バルケーロ、控えGKケイロル・ナバスが長期離脱。この1月の移籍市場ではFWウェリントン・ダ・シウヴァ、DFナノらを放出して、ラシン・サンタンデールからMFオスカル・セラーノ、ラージョ・バジェカーノからDFペドロ・ボテーリョを獲得したが、まだ有効な戦力となるには至っていない。

 とはいえ、シーズン前半戦では今シーズン唯一、アウェーでレアル・マドリードに黒星を与えたチームとして脚光を浴びたレバンテ。ボランチのMFシャビ・トーレスは累積警告で出場停止になるものの、サンチャゴ・ベルナベウでも守りをしっかり固めて、できれば勝ち点1を獲得したいところだ。

 一方、2位バルセロナに勝ち点7差をつけて首位を走るレアル・マドリードは、今シーズンの特徴として取りこぼしが極端に少ない。ここまで逃した勝ち点は、前述したレバンテ戦と昨年のクラシコ、アウェーで引き分けたラシン戦の3試合のみ。前節もヘタフェの本拠地に乗り込み、0-1と堅実に白星を挙げて、バルセロナとの直接対決以外では絶対に勝ち点を取りこぼさないという姿勢を示した。バルセロナとの差を、今こそ広げるチャンスと、全力で勝ち点3を奪いに くるのは間違いない。

 出場選手に関しては、しばらく負傷で戦列を離れていたMFアンヘル・ディ・マリアとMFサミ・ケディラ、そして先々週のレアル・サラゴサ戦で足を痛めたDFマルセロが今週全体練習に復帰。日曜に行われるこのレバンテ戦には出場可能と見られているが、MFカカとMFメスト・エジルのコンビがここしばらくチームの勝利の原動力となっているため、ジョゼ・モウリーニョ監督がスタメンを変えてくるかどうかは微妙なところだ。

【予想スタメン】
・レアル・マドリード[4-4-2]
GK:1.イケル・カシージャス
DF:17.アルバロ・アルベロア、3.ペペ、4.セルヒオ・ラモス、15.ファビオ・コエントラン
MF:8.カカ、14.シャビ・アロンソ、24.ラサナ・ディアラ、10.メスト・エジル
FW:7.クリスティアーノ・ロナウド、9.カリム・ベンゼマ

・レバンテ[4-2-3-1]
GK:1.グスタボ・ムヌア
DF:17.ハビ・ベンタ、18.セルヒオ・バジェステロス、15.アシエル・デル・オルノ、12.フアンフラン
MF:6.ミゲル・パジャルド、4.フランシスコ・ファリノス、23.バルド、25.ナビル・エル・ザール、21.ルベン・スアレス
FW:2.アルナ・コネ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA