FOLLOW US

ファーガソン監督、スアレスの握手拒否に「二度とプレーするな」

 プレミアリーグ第25節が11日に行われ、マンチェスター・Uとリヴァプールが対戦。2-1でホームのユナイテッドが勝利を収めた。

 人種差別発言問題を起こしたリヴァプールのルイス・スアレス。被害者となったユナイテッドのパトリス・エヴラ。両者が対峙する試合として注目された一戦だったが、スアレスはエヴラとの握手を拒否。ハーフタイム、ロッカールームへ向かうトンネルの中でもひと悶着あったようだ。

 この握手拒否について、ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は「彼はリヴァプールの恥だ」と激しく非難している。『スカイスポーツ』が報じた。

「とても信じられなかった。彼はリヴァプールの恥だ。再びこのクラブでプレーすることを認めてはいけない。今日の状況を見れば、暴動を引き起こす可能性もあった」

 なお、試合後にエヴラが意図的にも見えるような形でスアレスの目の前で勝利を祝った行為については「するべき行為ではなかった」とコメントしている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA