FOLLOW US

ミランがM・ロペスの移籍後初得点などで逆転勝ち…暫定首位に浮上

 セリエA第23節が11日に行われ、ミランがウディネーゼとアウェーで対戦した。

 前節2位のミランと3位ウディネーゼの上位対決となった試合は、19分にホームのウディネーゼが得点ランクトップを走るアントニオ・ディ・ナターレのゴールで先制。前半を1点リードで折り返す。

 一方、敵地でビハインドを背負ったミランも後半に反撃に出る。77分にステファン・エル・シャーラウィのシュートを相手GKが弾いたところを、マキシ・ロペスが詰めて得点。マキシ・ロペスのミラン移籍後初ゴールで同点に追いつく。

 1-1と振り出しに戻った試合は、85分にミランのステファン・エル・シャーラウィが勝ち越し点を奪取。右サイドを抜け出したマキシ・ロペスの折り返しをエル・シャーラウィがダイレクトで叩き込み、ゴールを挙げた。

 逆転したミランは、そのまま逃げ切りに成功。敵地で2-1の勝利を飾った。

 ミランは、勝ち点を47まで伸ばし、暫定首位に浮上。一方、ホームで敗戦を喫したウディネーゼは、順位を一つ下げて4位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA