FOLLOW US

バルサの4連勝か、オサスナのリベンジか…今季4度目の対戦

 先月行われた、コパ・デル・レイ5回戦以来の対戦となる両チーム。今シーズン初対戦となった第4節も含め、ここまで3連勝と貫禄を示しているバルセロナにとっては4タテが、オサスナにとってはリベンジがかかる一番となる。

 バルセロナは、前節レアル・ソシエダ戦に2-1で勝利すると、直前に行われたコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグでもバレンシアを2-0で下し、合計スコア3-1として2年連続の決勝進出を決めた。

 一方、バレンシア戦ではFWアレクシス・サンチェスが2試合ぶり、MFシャビ・エルナンデスが3試合ぶりにスタメンに復帰し、試合終盤にはMFアンドレス・イニエスタも2週間ぶりとなる出場を果たした。また、FWペドロ・ロドリゲスとMFセルヒオ・ブスケも通常練習に復帰し、アフリカ・ネイションズカップを戦い終えたMFセイドゥ・ケイタもチームに合流。チャンピオンズリーグの決勝トーナメント開始を目前に控え、戦いが佳境に入るタイミングに合わせるか のように戦力が回復してきた。

 一見好材料が多いバルセロナだが、レアル・ソシエダ戦でもバレンシア戦でも決定機でゴールを決められない場面が多く、少し不満が残る内容となったことも事実。苦手のアウェー戦となるこの試合では、チャンスは確実にものにしないと痛い目に遭う可能性が高いだろう。チームの現況を映す鏡のようにフィニッシュ に苦労している大黒柱のFWリオネル・メッシには、周りの選手も勢い付けるようなゴールを期待したい。

 一方、今シーズンは地味ながらも健闘しているオサスナだが、ここに来て調子を落としている。チームは昨年末の5試合を3勝2分と無敗で締めくくったものの、年明け後の5試合では逆に2分3敗と勝ち星がなく、一時は5位まで上げた順位を9位まで下げてしまった。

 とはいえ、この試合に向けては続々と朗報が届いている。バルセロナ同様に故障者の多さに頭を悩ませてきたオサスナだが、攻撃陣ではFWイブライマ・バルデ、MFロランド・ラマ、MFアルバロ・セフド、守備陣ではDFロヴェルシオに出場許可が下り、選手起用の幅は大きく広がった。中でも、既に前節ベンチ入りしているイブライマには先発出場の期待も高まる。

 第4節では0-8で大敗し、コパ・デル・レイ5回戦のファーストレグでも0-4で完敗と、アウェーでの2試合では散々な目に遭ったチームだが、ホームで行われた同セカンドレグでは、相手がメンバーを落としたとはいえ1-2と善戦した。内容が確実に向上しているうえに、再びホームでの戦いとなるこの試合では、勝ち点獲得の可能性も十分にあるだろう。

【予想スタメン】
・オサスナ[4-2-3-1]
GK:25.アンドレス・フェルナンデス
DF:2.マルク・ベルトラン、23. セルヒオ・フェルナンデス、4.ミゲル・フラーニョ、27.エネコ・サトルステギ
MF:10.プニャル、6.シャバド・ネコウナム、19.イブライマ・バルデ(24.ダミア)、14.ラウール・ガルシア、21.ロランド・ラマ(16.アルバロ・セフド)
FW:9.デヤン・レキッチ

・バルセロナ[4-3-3]
GK:1.ビクトル・バルデス
DF:2.ダニエウ・アウヴェス、3.ジェラール・ピケ、5.カルラス・プジョル(14.ハビエル・マスチェラーノ)、22.エリック・アビダル(21.アドリアーノ)
MF:11.チアゴ・アルカンタラ(16.セルヒオ・ブスケ)、6.シャビ・エルナンデス、4.セスク・ファブレガス(8.アンドレス・イニエスタ)
FW:9.アレクシス・サンチェス(37.クリスティアン・テージョ)、10.リオネル・メッシ、23.イサーク・クエンカ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA