FOLLOW US

復調のきっかけをつかみたいラシンが、好調アトレティコを迎え撃つ

 ラシン・サンタンデールは現在4勝10分7敗、第18位。前々節ホームにバレンシアを迎え撃ったラシンは、厳しい戦いを強いられながらも、強豪相手に何とか2-2の引き分けにまで持っていった。そして前節現在、第4位をいく強豪レバンテのホームへ乗り込み、1-1の引き分けとアウェーで貴重な勝ち点1を奪取。少しながら復調への兆しが見え始めたか。

 入団会見で「足首のケガが完治するまで、少しだけ時間が欲しい」と語っていたイタリア・フィオレンティーナから加入のFWコウマ・エル・ババカル。彼が初練習に今週参加できたことは、ケガ人により戦力不足のチームにとっていい知らせとなった。ただFWクリスティアン・ストゥアーニとポジション争いをするのか、共存できるのかは今後見ものである。

 アトレティコ・マドリードは現在8勝6分7敗、第7位。ヨーロッパリーグ出場圏内の現在第6位のアスレティック・ビルバオとは勝ち点30で並んでいる。ディエゴ・シメオネ監督就任後の5戦では3連勝と2戦の引き分けを含め、負けなし。調子は上向きだ。

 そのシメオネ監督は記者会見で「我々はプレーにおいて、激しさ、積極さを身につけ、それを試合で示している。私の望み、目標は、ボールを奪った後のプレーをもっと的確にすることだ。チームは今の段階ではそれをうまく実践してくれている。できる限りのことをし、次の試合へ目を向け、前の試合よりも次の試合が良くなっているようにしていきたい」と、あらためて1試合1試合が重要であることを強調した。今後のさらなる飛躍に期待したい。なお、センターバック のDFミランダが累積警告により、今節は出場停止となる予定。

【予想スタメン】
・ラシン・サンタンデール [4-2-3-1]
GK:13.トーニョ
DF:14.アルバロ・ゴンサレス、19.マルク・トレホン、18.ベルナルド・エスピノーサ、6.ドミンゴ・シスマ
MF:5.パパクリ・ディオップ、23.アドリアン・ゴンサレス、7.マヌエル・アラーナ、10.ペドロ・ムニティス(29.ハイロ)、9.ラウターロ・アコスタ
FW:22.クリスティアン・ストゥアーニ

・アトレティコ・マドリード[4-5-1]
GK:13.ティボー・クルトワ
DF:20.フアンフラン、21.ルイス・ペレア、2.ディエゴ・ゴディン、6.フィリーペ・ルイス
MF:5.チアーゴ(4.マリオ・スアレス)、14.ガビ、7.アドリアン・ロペス、22.ジエゴ、11.アルダ・トゥラン(8.エドゥアルド・サルビオ)
FW:9.ラダメル・ファルカオ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA