FOLLOW US

ファーガソンがスアレス処分の対応に疑問「なぜ上訴しなかったのか」

 リヴァプールFWルイス・スアレスが、マンチェスター・Uに所属するパトリス・エヴラへの人種差別的発言により8試合の出場停止と罰金処分を受けた問題に関して、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、リヴァプール側がスアレスへの処分に対し、なぜ上訴しなかったのか疑問を抱いているという。複数のイギリスメディアが伝えている。
 
「なぜ彼らは上訴しなかったのか。我々はその方がより良い解決を望めたと思っている。最も我々には他にも多くの集中すべきことがあった。国内リーグではシティを追走し、ヨーロッパリーグを戦わなければならないからね。それでも我々は弁護士を雇っていたよ。そうすべき状況にあると判断したからだ」
 
 また、11日にマンチェスター・U対リヴァプールの試合が行われるが、仮に出場停止が明けているスアレスがスタメンに名を連ねたとして、試合前にスアレスとエヴラが握手をするのかということについても話題となっている。
 
 これに対し、ファーガソンは考えるだけ時間の無駄だと一蹴。「握手の件で、我々にできることは何もない」と語っている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA