FOLLOW US

アンリの米復帰を惜しむヴェンゲル「もう2週間残ってほしかった」

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、2月16日でクラブを離れる元フランス代表FWティエリ・アンリについてコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督は、「もう2週間アンリを残したかったね」とレンタル期間の延長の望みを口にしたが、「彼は戻らなければならないんだ。彼はレッドブルズのキャプテンで、新シーズンの初日に彼がいないのは、チームにとってフェアじゃないよ」とコメント。「我々は当初から2月16日にアンリが戻ることを受け入れていたし、自分たちの言葉を尊重するよ。彼自身も(さらに2週間延長するのは)遅すぎると考えている」と、予定通りにアンリがアメリカに戻ると語って いる。

 しかし、アンリの復帰はチーム全体に大きな影響を与えており、「彼もここへ戻れてハッピーだし、全選手も彼と一緒に過ごせて幸せを感じているよ」とコメント。また、34歳となった今でも高いレベルを保っている同選手に驚かされているようで、「練習でも彼は毎回良くなっていき、今のフィットネスは、どの選手にも匹敵するレベルに戻っている。練習での彼の動きを見ていると、代表でプレーしないのが残念に思えてしまうよ」と話した。

 アンリは、1月にNYレッドブルズから短期レンタルの形でアーセナルに復帰。公式戦5試合に出場し2ゴールをマークしていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA