FOLLOW US

カペッロ、辞任理由はFAとの「意見の相違」…伊での活動復帰は否定

 前イングランド代表監督のファビオ・カペッロ氏が、イタリアのテレビ番組に出演し、辞任理由はあくまでFA(イングランドサッカー協会)との「意見の相違」であると語った。
 
 事の発端はチェルシーDFジョン・テリーのQPR(クイーンズ・パーク・レンジャース)DFアントン・ファーディナンドへの人種差別的発言疑惑。最終的にテリーが起訴されるという事態にまで発展したことを受け、FAはテリーを代表主将の座から解任していた。
 
 しかし、テリーへの処遇にカペッロ氏は反対。両者の間で話し合いが行われたがその距離は縮まらず、カペッロ氏の辞任が決まった。
 
 一方で、カペッロ氏にはインテルが関心を寄せているとの報道もあり、イタリアへの帰還を模索していたのではないかとの意見もあった。そのことを問われたカペッロ氏は次のようにコメントし、イタリアでの活動再開を否定している。
 
「イングランドから逃げ帰ったわけではない。あくまでFAとの誤解があったため、辞任を決意した。素晴らしい仕事と感じていたが、出ていかなければならなくなったんだ」
 
「新しい仕事を引き受けることは絶対にない。今はリラックスしようと考えている」

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA