FOLLOW US

中国へ移籍したアネルカ「僕にとって最後の契約になる」

 チェルシーでアンドレ・ビラス=ボアス監督の構想外となり、1月に中国の上海申花へ移籍した元フランス代表FWニコラ・アネルカが、イギリス紙『ザ・サン』のインタビューに応えた。
 
 32歳のアネルカは、自身のサッカー観について語り、上海申花が最後のクラブになると語っている。
 
「ゴールを奪うことで、そして、自分にできること全てを行うことで、そのクラブにいることができる。しかし、クラブから離れる日が来ても残念ではないよ。フットボールにおいて友達はいないからね」
 
「言うのはつらいが、これは真実なんだ。フットボールはチームスポーツであるが、同時にとても個別的な側面も持ち合わせている」
 
「もっと充実したキャリアを送ることができたかもしれない。しかし、僕は成功を収めてきたし、フランスに帰ると地元の子どもたちが私を誇りに思ってくれている。このことは、僕にとっても誇らしいことだ」
 
「多くのクラブを渡り歩いたが、今、僕は上海にいるよ。ここはアジアのニューヨークだ。上海の人たちの生き方を愛している。これが僕にとって最後の契約になるだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA