FOLLOW US

マンUで200試合出場のパク・チソン「アジア人の実力を証明できた」

 マンチェスター・Uに所属する元韓国代表MFパク・チソンは、5日にアウェーで行われたプレミアリーグ第24節のチェルシー戦に途中出場し、マンチェスター・Uでの通算200試合出場を達成した。

 2005-2006シーズンにPSVから加入後、6年半で記録を達成したパク・チソンは、クラブの公式HPで喜びのコメントを残している。

「ユニホームの売り上げだけではなく、実力が認められた証だと捉えているよ。昔はユニホームを売る為だけに獲得したなんて言われたけど、今は誰も言わなくなったね」

「今では多くのアジア人選手が、欧州のハイレベルなフットボールにも対応している。アジア人の代表として、欧州の高いレベルでもやれることを証明できてうれしいよ」

 パク・チソンは、「印象に残っている試合を挙げるのは難しいね」と語りながらも、多くのタイトルを獲得した瞬間は特別なものだったと振り返っている。

「優勝した時の経験は何とも言い難いくらいうれしいものだね。だからこそ、ユナイテッドの選手たちは何度でも優勝を経験したいと強く思うんだよ」

「クラブの信条は、1つの目標に到達したら、またすぐに新たな目標に向け進むんだ。そういうメンタリティの下に全員がいるし、僕も同じ考えだよ。だからこそ、200試合に出場した今は、300試合達成に気持ちが向いているんだ」

 また、移籍当初にアレックス・ファーガソン監督にかけてもった言葉を明かし、指揮官への感謝も述べた。

「移籍する前は、自分でもやれるという気持ちだったけど、確信はなかったんだ。それでも監督は僕の能力を信じてくれた。チームのレベルに適応できるように、常に勇気づけてくれたんだ。『自分の居場所を勝ち取るために戦え』とね。監督の一言のおかげで、イングランドのフットボールに順応できたと思う」

 パク・チソンは、マンチェスター・Uでプレミアリーグを4度、FAカップを3度制し、2007-2008シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇も経験。数々のタイトル獲得に貢献している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA