FOLLOW US

イブラヒモヴィッチ、今度はユヴェントスGKに平手打ちか

 5日のセリエA第22節ナポリ戦で、ナポリDFサルヴァトーレ・アロニカに平手打ちを見舞い、3試合の出場停止処分を受けたミランFWのズラタン・イブラヒモヴィッチだが、8日に行われたコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのユヴェントス戦でも、相手選手の頬を叩いた疑惑が浮上した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 イブラヒモヴィッチがユヴェントスGKマルコ・ストラーリの頬を叩いた場面を間近で目撃したというユヴェントスDFジョルジョ・キエッリーニは、「イブラはアロニカに対して行ったことをストラーリにもしたんだ」と激怒。「誰かを殺したわけではないし、目にあざを残したわけでもない。でも、イブラヒモヴィッチの行為はアロニカに対するものと全く同じだ」とコメントした。

 イブラヒモヴィッチに科せられているリーグ戦3試合の出場停止処分については、ミランが異議申し立てを行い、処分の軽減を求めているが、さらなる追加処分を受ける可能性があるようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA