FOLLOW US

イブラヒモヴィッチが自らの愚行を反省「カッサーノは笑っていたよ」

 5日のナポリ戦でDFサルヴァトーレ・アロニカの顔に平手打ちを見舞い、3試合の出場停止を言い渡されたミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチが、自らの過ちを反省するコメントを残している。

 6日にイタリアの人気番組『ラ・ストリッシャ・ノティーツァ』から番組名物『金のバク』の置物を贈呈されたイブラヒモヴィッチは、「愚かなことをしてしまった。過ちを犯したことは学習しなければならない」とコメント。

 また、現在療養中のアントニオ・カッサーノと話したことを明かし、2度目の『金のバク』贈呈に「笑っていたよ」と苦笑いを浮かべた。

 ミランはこの処分に異議申し立てを行うことを表明しているが、委員会がこの不服を受け入れないと決断すると、イブラヒヴィッチは首位ユヴェントスとの大一番の欠場が決まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO