FOLLOW US

宮市らを獲得したボルトン監督が補強に満足「思い描いた通り」

 ボルトンを率いるオーウェン・コイル監督は、1月の移籍市場での補強に満足していると、地元のラジオ番組で語った。

 ボルトンは主軸のイングランド代表DFギャリー・ケイヒルをチェルシーへと放出した一方で、移籍市場最終日にはアーセナルからFW宮市亮をレンタルで、ワトフォードからマーヴィン・ソーデルを完全移籍で獲得した。

 コイル監督は、「我々が思い描いていた補強選手をクラブへ連れてくることができて嬉しく思っている。(同じく新加入の)ティム・リーム、マーヴィン・ソーデル、若いリョウ・ミヤイチが加わった。彼らは明らかに既に多くのものをもたらしてくれているよ」とコメント。新たに加わった選手たちの働きに、早くも満足していると語った。

[写真]=Akio Hayakawa/Photoraid.uk

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO