2012.02.07

本田が胸中を激白「ラツィオ移籍を望んでいたが今はCSKAで全力を」

 CSKAモスクワに所属する日本代表MFの本田圭佑は、ロシア紙『スポーツ・エクスプレス』のインタビューに応じ、ラツィオへの移籍が破談となった心境やロシアでのシーズンに向けた意気込みについて明かした。
 
 本田は移籍市場がオープンされていた1月にラツィオへ移籍する可能性があった。一部では本田とラツィオは合意に達していたと言われている。しかし、ラツィオが提示した移籍金1300万ユーロ(13億円)はCSKAモスクワを満足させるに至らず、交渉は不調に終わった。
 
 本田はラツィオとの交渉が破談したことについて、「受け入れなければならない。実際ラツィオへの移籍を望んでいた」とコメント。イタリア行きを望んでいたと公言した。しかし一方で、「もはや過去のこと。僕はCSKAの選手であり、このチームを助けるために全力を注ぐ。サッカーが恋しい。早く復帰するつもりでいる」と、既に気持ちは切り替わっていると語った。
 
 本田は11月18日に行われたルビン・カザン戦で右ひざを再負傷。スペインのバルセロナで治療を受けていた。そして6日、同国のマルベーリャで行われているCSKAモスクワのトーレニングキャンプに到着している。
 
「チームに合流することができた。痛みはまだあるが、けがの状態は良くなっている。なるべくはやくスターティング・メンバーに復帰したい」
 
 同紙は本田の残留について、チャンピオンズリーグでレアル・マドリー戦を控えるCSKAモスクワにとって、大きなプラスになると報じている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る