2012.02.06

不満のマンUファーガソン監督「PKは4回与えられるべきだった」

 マンチェスター・Uは、5日に行われたプレミアリーグ第24節でチェルシーと対戦。0-3のビハインドから3得点を奪い返し、アウェーで勝ち点1を手にした。

 驚異の粘りで敗戦を免れたマンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督だが、試合後には勝利をつかめなかったことについて不満を露にした。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「私が思うに、勝ち点2を落としたも同然だ」と発言。「後半開始からの10分間は最悪で、トラブルを招いてしまった。しかし、それ以外は我々の方が圧倒していたし、勝っていてもおかしくはなかった」と2失点した後半立ち上がりの戦い方を悔やんだ。

 また、ジャッジにも不満を持っているとコメント。PKを2回与えられたが、「私が思うに、4回与えられるべきだった」との認識を示した。

 しかし、ビハインドを取り返した展開には、「3点を追う展開からドローに持ち込むのは簡単なことではない。中立な立場で見れば、非常に見応えのある試合だっただろう。我々の方が良いプレーだったと思う。しかし、チェルシーのおかげで面白い試合になった。私は選手たちのプレーを称えたい」と、チームに評価を与えた。

 また、PKでの2得点でチームの同点劇に大きく貢献したイングランド代表FWウェイン・ルーニーに言及。「以前、ミス(ボルトン戦)して以降、ウェインは練習からPKに多くの時間を割いてきた。その効果が表れた瞬間だった」と、失敗を糧に向上を図ったエースを称えた。

 マンチェスター・Uは、チェルシー戦の引き分けで勝ち点55となり、首位のマンチェスター・Cを勝ち点2差で追走。2得点のルーニーは、今シーズン15ゴール目で得点ランク3位につけている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る