2012.02.05

バイエルン監督、アウェイでの引き分けに「勝つ資格があった」

 バイエルンは4日、ブンデスリーガ第20節でハンブルガーSVと対戦し、敵地で先制されながらも後半に追いつき、1-1の引き分けに終わった。バイエルンのユップ・ハインケス監督はチームの健闘ぶりに一定の満足感を示しつつ、勝てなかったことへの不満を口にした。公式HPが伝えている。

「(試合で見せた)チームの頑張り、姿勢、集中力には満足している。だが勝ちたかった。我々には勝つ資格があったよ。先制点を奪われた後は大変だった。(相手GKのヤロスラフ)ドロブニーも数回素晴らしいセーブを見せた。値千金の同点弾を決めた後も、もっと圧力をかけるべきだった。最近はそうするのが難しくなっているんだ。焦りがでたり、ラストパスが不正確だったり。その面ではまだ自信が足りない」

 また、引き分けたことで、首位の座を明け渡したバイエルンだが、指揮官は気にしていないようで、「首位にいた方がよいに決まっているが、現段階ではまだ大した意味はない」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る