FOLLOW US

12戦連続フル出場の細貝が先制点を演出…長谷部は出番なし

 ブンデスリーガ第20節が4日に行われ、日本代表MF細貝萌が所属するアウクスブルクはアウェーでホッフェンハイムと対戦し、2-2で引き分けた。

スタメン出場の細貝は31分、左サイドからクロスを挙げて先制点の起点となるなど、12試合連続でフル出場を果たしている。

 ヴォルフルブルク対ボルシアMGは0-0の引き分け。ヴォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠は、ベンチ入りしたものの、出場機会は訪れず。ボルシアMGのMF大津祐樹はベンチ外となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO