FOLLOW US

グアルディオラ監督、PK失敗のメッシを擁護「必要以上の責任を負ってしまう」

 4日に行われるリーガ・エスパニョーラ第22節で、レアル・ソシエダと対戦するバルセロナ。ジョゼップ・グアルディオラ監督が、ホームでの一戦を前に意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

 バルセロナは現在、首位レアル・マドリードと勝ち点7差の2位となっているが、グアルディオラは「これまでの戦いと同じことを選手たちには求めるだろうね。これがぎりぎりの状況なのはわかっているが、あれこれ言う必要はないよ。ベストのプレーをし、1試合ずつ勝っていくだけだよ」とコメント。ソシエダの印象については、「後ろからのパス出しやサイド攻撃、エリアへの侵入のうまいチームだね。彼らはここ9試合で1敗しかしていない」と語った。

 また、グアルディオラ監督は、1日に行われたバレンシアとのコパ・デル・レイ準決勝ファーストレグについても言及。PKを外したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについては、「レオ(メッシの愛称)は時に必要以上の責任を負う」としながらも、「彼はいつでも良いプレーをしている。ゴールを決めるか、 アシストをしている。それに、プレッシャーを受ける中でのPK成功率はすばらしいものだよ」とエースのPK失敗をかばった。

 バレンシア戦では控えに回ったスペイン代表MFシャビ・エルナンデスに関しても、「休養の効果は非常に大きかったね。彼はどんなことにも耐えられると思われているが、4年間休みなしでプレーすると、体は時に少しの休みを求めるんだ。今の状態は良くなっているよ」と、コンディションを戻してきていることを明かしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO