FOLLOW US

メッシを止めたバレンシアGK「一流とのPKを制すのは最高の喜び」

 バレンシアのブラジル代表GKジエゴ・アウヴェスは、バルセロナと1-1の引き分けを演じた1日のコパ・デル・レイ準決勝ファーストレグで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのPKを止め、スペシャリストとしての存在感を改めて示した。

 名立たるキッカーの天敵として立ちはだかってきているジエゴの、キャリアにおける通算PKセーブ率は7割近くにも上る。事実、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラで唯一外したPKもジエゴが相手だった。

 そのジエゴは、自身にとってのPKセーブの重要性を次のように説明した。

「PKを制してチームの士気を高めることができれば、自分にとっても大きな自信につながる。ましてやメッシやクリスティアーノといった一流選手が相手とあれば、このうえない喜びだね」

 ジエゴはまた、自身のPKセーブは優れた感性に支えられているとの見方を示した。

「キッカーの特徴はビデオで十分に研究することができる。だが、PKセーブのスペシャリストは、最後の一瞬で判断を変えることができる。僕はキッカーの一挙手一投足に集中し、相手のわずかな動きの変化も見逃さないようにしている。メッシとのPKでは、それが上手くいったね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO