2012.02.04

ファーディナンドは代表主将を辞退か「ユナイテッドに集中したい」

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFリオ・ファーディナンドは、代表主将を解任されたチェルシー所属DFジョン・テリーの後釜として、新キャプテンとなることを否定している。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 ファーディナンドは、スティーヴン・ジェラード(リヴァプール)、ジョー・ハート(マンチェスター・C)、アシュリー・コール(チェルシー)らとともに、新キャプテン候補としてその名が挙がっていたが、自身は再びキャプテンマークを巻くことに興味はないようだ。自身のツイッターで次のように明かしている。
 
「代表キャプテンはやりたくないんだ。現状ではユーロのメンバーに入れるかわからない。選ばれるためにも、ユナイテッドでのプレーに集中したいと思っている」
 
 ファーディナンドは、以前テリーが不倫騒動によりキャプテンを解任された際、代表キャプテンとしてチームを率いた経験をもつ。今回も後任候補として有力視されていたが、どうやらその可能性は低くなりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る