2012.02.04

2強を制してリーガのレジェンドになるか。ヘタフェ次のターゲットはレアル

「ヘタフェに油断するな!相手は今シーズン、唯一バルセロナに勝ったチームだぞ」。レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督は、選手たちにこう言ってハッパをかけたという。確かに、ヘタフェは昨年11月、ホームのコリセウム・アルフォンソ・ペレスでバルセロナに1-0と勝利。しかもボールポゼションは3割にも満たず、8回も枠内シュートを打たれながら、たった2回しかなかったCKのチャンスに得点して逃げ切っている。このところ、相手のセットプレーでまず失点、それを持ち前の決定力で逆転して大勝しているレアル・マドリードにとっては、気を引き締めてかかった方がいいゲームかもしれない。

 ヘタフェは、年が変わって4試合を2勝2分けと、ここ3試合アウェーが続きながら好調を維持。来シーズンのヨーロッパリーグ出場圏まで勝ち点2差の9位まで上昇して、ホームに戻って来た。ただ、前節のレバンテ戦では痛い欠場者が出ている。終盤に退場したDFアルベルト・ローポだけでなく、ようやく今シー ズン3点目を挙げ調子に乗ってきたFWダニエル・グイサも累積警告で出場停止。さらにボランチのMFミチェルもけがでプレーできない。

 ルイス・ガルシア監督は、DFラファも負傷中でDFカタ・ディアス1人になってしまったセンターバックに、元レアル・マドリードのDFミゲル・トーレスを起用すると発言している。1月末日にFWアドリアン・コルンガがレンタル移籍してしまった今、前線はFWミクのワントップで決定。MFペドロ・レオンがまだ負傷中ということもあるため、中盤をMFフアン・ロドリゲス、MFフランシスコ・カスケーロ、MFメディ・ラセン、MFルベン・ペレスらを使って、スリーボランチで守りを強化するかといったところが注目になる。

 ただし、レギュラー選手のケガに関しては、レアル・マドリードも同じだ。前節サラゴサ戦で終盤15分間、足を引きずりながらプレーしていたDFマルセロの回復が間に合わず、ここまで強行出場が続いていたMFシャビ・アロンソも、筋肉痛が心配される。MFサミ・ケディラの捻挫がまだ治らないため選択肢は限られるが、ここ数試合で存在感を現してきたMFエステバン・グラネロを代理に使うといったことも考えられる。

 守備陣の方では先週、出場停止だったDFセルヒオ・ラモスが復帰。シーズン前半戦のサンチャゴ・ベルナベウで2ゴールを奪ったミクを止めることが期待されている。現在2位バルセロナとの勝ち点差は7。余裕を感じているとしても、ここでもっと差を広げておければ、レアル・マドリードとしても願ったり叶ったりだろう。

【予想スタメン】
・ヘタフェ[4-2-3-1]
GK:25.ミゲル・アンヘル・モジャ
DF:20.フアン・バレーラ、2.カタ・ディアス、4.ミゲル・トーレス、18.ツェポ・マシレラ
MF:23.フアン・ロドリゲス、22.フランシスコ・カスケーロ、16.ペドロ・リオス、28.アブデル・バラーダ、10.ハイメ・ガビラン
FW:7.ミク

・レアル・マドリード[4-4-2]
GK:1.イケル・カシージャス
DF:17.アルバロ・アルベロア、3.ペペ、4.セルヒオ・ラモス、15.ファビオ・コエントロン
MF:24.ラサナ・ディアラ、14.シャビ・アロンソ(エステバン・グラネロ)、8.カカ、10.メスト・エジル
FW:7.クリスティアーノ・ロナウド、20.ゴンサロ・イグアイン

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る