2012.02.04

好調ジョレンテ率いるA・ビルバオが、6戦負けなしのエスパニョールを迎え撃つ

 アスレティック・ビルバオは、現在7勝8分5敗。前節からさらに順位を上げ、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位に浮上した。チームは前々節、アウェーでレアル・マドリード相手に敗北を喫するも、前節ラージョ・バジェカーノ相手に3-2と競り勝ち、アウェーで貴重な勝ち点3を奪取。さらに現地時間今週火曜日に行われたコパ・デル・レイ準決勝ファーストレグ、アウェーで3部相当に所属するミランデスと対戦し、2-1と苦しみながらも勝利を挙げる。リーガでも ヨーロッパリーグ出場圏内に顔を出し始め、現在2連勝中とようやくマルセロ・ビエルサ監督の戦術が浸透し始めたか。

 ビエルサ監督はコパ・デル・レイのミランデス戦後、「勝つことは確かに重要なことだ。でもどんな良い言い方をしても、私たちはまだ決勝進出を決めていない」と冷静を保った。ラージョ・バジェカーノ戦でハットトリック、ミランデス戦でも2得点と大当たりしているFWフェルナンド・ジョレンテは試合後、「最初は良かったけど、やはりアウェーだけに非常に難しい試合だった。ミランデスがよく頑張っていたので、僕らは後手にまわらされた。でも得点をとることはチームを助けられるから、満足しているよ」と好調さをアピールした。

 今節の相手は現在第5位のエスパニョール。エスパニョールはコパ・デル・レイでミランデスに敗北を喫している。ミランデスにもエスパニョールにも気が抜けない戦いが続く。なお、今節はオスカル・デ・マルコスが前節の出場停止から明ける。

 エスパニョールは現在9勝4分7敗の5位。4位のレバンテとは勝ち点差で並んでいる。チャンピオンズリーグ予選出場圏内を狙えるところまで上り詰めてきたエスパニョールは、リーガでは6戦負けなしの4勝2分、ホームでバルセロナに、アウェーでセビージャに引き分けているものの、好調をキープしている。

 冬の移籍市場での補強も順調だ。インテル・ミラノからMFフェリペ・コウチーニョ、2005年から2011年までアルメリアでプレーしていたFWカル・ウチェ、さらにバルセロナトップチーム出場経験もあるユーティリティプレーヤーのMFビクトル・サンチェスを獲得した。

 ビクトル・サンチェスは、「エスパニョールは若い選手たちにプレーする機会が与えられているし、僕自身やる気に満ちている。今季終了後にヨーロッパリーグ出場権を獲得できるように今の順位を死守したい」と今後の目標へ向けて気を新たにした。バルセロナBでは、現トップチームのペドロ・ロドリゲスとコンビを組むなどし、当時リーガ3部昇格へ大きく貢献。これからもエスパニョールでさらなる活躍が期待される。

【予想スタメン】
・アスレティック・ビルバオ[4-2-3-1]
GK:1.ゴルカ・イライソス
DF:15.アンドーニ・イラオラ、24.ハビ・マルティネス、5.フェルナンド・アモレビエタ、3.ヨン・アウルテネチェ
MF:8.アンデル・イトゥラスペ、10.オスカル・デ・マルコス(17.イニーゴ・ペレス)、14.マルケル・スサエタ、21.アンデル・エレーラ、19.イケル・ムニアイン(2.ガイツカ・トケーロ)
FW:9.フェルナンド・ジョレンテ

・エスパニョール[4-2-3-1]
GK:13.キコ・カシージャ
DF:14.エルネスト・ガラン(5.ジョルディ・アマト)、3.ラウール・ロドリゲス、15.エクトル・モレーノ、22.ディダク・ビラ
MF:18.フアン・ダニエル・フォルリン(11.ロマリック)、7.ラウール・バエナ(16.ハビ・ロペス)、17.ヴラジミール・ヴァイス、10.ジョアン・ベルドゥ、39.ティエヴィ・ビフマ
FW:6.ルイ・フォンテ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る