2012.02.03

“生涯レアル”を希望するエジル「最高のクラブで未来を築きたい」

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、ドイツ誌『キッカー』のインタビューに対し、2シーズン目となるスペインでの生活について語った。
 
「周囲からの批判は多くのことを学ぶ良い機会となった。それにより、僕は精神的に一層タフになることができた。僕の目標は新聞の一面を飾ることではなく、ピッチで良いプレーを見せることだけだ」
 
 エジルは移籍当初、スペインへの適応に苦しんだこともあり、ドイツで披露していた鮮烈なパフォーマンスをベルナベウ(レアル・マドリードの本拠地)で繰り出すには至らなかった。メディアから批判を受けたことも少なくない。しかし、批判を前向きにとらえたことで、プレーの向上につながったと明かした。
 
 さらに自身の進退について、「夢は世界最高のクラブであるレアル・マドリードでキャリアを終えることだよ。当然、簡単ではないと思う。僕はまだ23歳だし、これから新たに若い選手がクラブに加わるだろう。でも、ここで未来を築いていけたら良いと願っているんだ」とコメント。レアル・マドリードでキャリアを全うしたいとの見解を示した。
 
 タレント揃いのチームにおいても独特の存在感を示し続けるファンタジスタは、ぶれることのない強い意志でさらなる飛躍を目指す。
 

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る