2012.02.02

クロップがバリオス残留に満足「彼が残ってくれて幸せ」

 ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、パラグアイ代表FWルーカス・バリオスの残留に、喜びのコメントを残した。クラブの公式HPが伝えている。
 
「我々はバリオスの残留を喜んでいる。もちろん彼を売るつもりはなかったが、今シーズンの状況を考えると、彼が移籍について考慮することは仕方のないことだとも思っていた。私個人としても、彼が残留してくれたことはとても幸せだよ」
 
 バリオスはドルトムントへ2009年に移籍。2009-10シーズンには19得点、2010-11シーズンには16得点をリーグ戦で挙げ、エースとして不動の地位を築いていた。しかし、今シーズンはケガにより出遅れると、ロベルト・レヴァンドフスキにスタメンの座を奪われている。
 
 バリオスには複数のクラブが関心を寄せており、1月での移籍もささやかれていた。しかし、最終的にバリオス本人が移籍を拒否。クラブに残留することを決意している。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る