2012.02.02

アーセナルが敵地でボルトンとドロー…移籍の宮市は出場せず

 プレミアリーグ第23節が1日に行われ、アーセナルがアウェーでFW宮市亮が移籍したボルトンと対戦した。

 試合はアーセナルのテオ・ウォルコットが、ディフェンスラインを抜け出してGKと一対一になるなど、双方ともに決定機を得ながら、得点できずに前半を折り返す。

 後半に入ると、ロビン・ファン・ペルシーがポスト直撃のシュートを放つなど、アーセナルが攻勢を強めるが、先制点を奪えない。局面の打開を図りたいアーセナルは、ティエリ・アンリらを投入するが、結局交代策も実らず、0-0のままに試合は終了。

 試合はスコアレスドローに終わったが、アーセナルはリーグ戦の連敗を3で止めている。

 また、アーセナルからボルトンへレンタル移籍した宮市は、移籍の際にこの日の試合には出場しないことが発表されており、ベンチからも外れている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る