2012.02.02

長友がPK奪取の活躍…インテルは打ち合いの末に引き分け

 セリエA第21節が1日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームで、パレルモと対戦した。

 試合前から降雪が続く中で行われた一戦は、17分にアウェーのパレルモが先制。ファブリツィオ・ミッコリのCKを、アンドレア・マントヴァーニが蹴り込み、ネットを揺らしている。

 しかし、ホームで先制点を奪われたインテルも、すぐさま反撃に転じる。22分に右サイドからマイコンが上げたクロスに対し、パレルモが一度はクリア。しかし、クリアが小さくなったところをディエゴ・ミリートが拾い、相手GKの脇を抜くシュートでインテルが同点に追いつく。

 試合は、1-1で後半に突入すると、52分に中央でボールを受けたファブリツィオ・ミッコリが、ドリブルシュートでゴールを陥れ、パレルモがまたもリードを奪う。

 再びビハインドを負ったインテルだったが、左サイドを抜け出した長友が、ペナルティーエリア内で倒されてPKを奪取。このPKをミリートが落ち着いて沈め、インテルが55分に同点に追いつくと、61分にもミリートが得点。ハットトリックを達成し、インテルがついに逆転に成功する。インテルは、66分に ミッコリに得点を許してパレルモに追いつかれてしまうが、69分にこの試合絶好調のミリートが4点目を挙げ、勝ち越す。

 ところがパレルモも、ミッコリが85分にハットトリックとなるゴールを挙げ、同点。試合は結局打ち合いの末に、4-4の引き分けに終わった。

 なお、長友は左サイドバックでフル出場している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る