2012.02.01

フィオレンティーナが積極補強…新たに2選手を獲得

 フィオレンティーナは、レッチェからウルグアイ代表ルベン・オリベラ、コペンハーゲンからU-19デンマーク代表ケネト・ゾホレをそれぞれ獲得したことを発表した。
 
 ルベン・オリベラは2002年から2009年までユベントスに在籍。しかし実質ユベントスにはほとんどおらず、レンタル移籍を繰り返す日々が続いていた。2010年からはレッチェに所属していたが、今シーズンは12試合の出場に留まっており、移籍先を探していた。
 
 18歳のデンマークの新鋭ケネト・ゾホレは、チェルシーやインテルも注目していた将来有望なFWだ。コートジボワール人であるゾホレの父親は、チェルシーに所属する同国代表ディディエ・ドログバのいとこにあたる。
 
 フィオレンティーナは上記2選手の他にも、ユベントスからアマウリ、アルゼンチンリーグのラヌスからグイド・ピサーロ、アヤックスからエル・ハムダウィなどを今冬に獲得。精力的な補強を行っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る