2012.01.30

ドルトムント、全得点に絡む香川の活躍を「カガワ祭り」と絶賛

 28日に行われたブンデスリーガ第19節で、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントはホームにホッフェンハイムを迎え、3-1で快勝した。

 香川は2得点を含む全ゴールに絡んだこともあり、クラブの公式HPではホッフェンハイム戦を「カガワ・フェスティバル」と命名。大車輪の活躍を紹介した。

 また、バックヒールでのパスで香川の2点目をアシストし、自身も1ゴールを決めたドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツも、「僕とシンジは、ピッチの中でも外でも仲がいいんだ。ゴールのときだけでなく、シンジのような優れた選手とプレーすることは、常に楽しいんだよ」とコメント。香川とともにプレーする喜びを語っている。

 香川は、ホッフェンハイム戦の2得点で今シーズン通算6ゴール。チームも3連勝を飾り、首位のバイエルンと同勝ち点の2位という好位置につけている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る