2012.01.30

ヴェンゲルがウィルシャーのけがに言及「思ったよりも状態はいい」

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、故障により戦線から離脱していたイングランド代表MFジャック・ウィルシャーの状態について、ポジティブな見解を示した。『スカイスポーツ』が報じている。

 20歳のウィルシャーは、昨夏右足首を疲労骨折。以来リハビリ生活が続き、今シーズンは公式戦に出場することができていない。さらに、先週ランニング中に足首を再負傷し、急きょトレーニングを中断。今シーズン中の復帰を懸念する声も挙がっている。
 
 しかし、ヴェンゲルはFAカップのアストン・ヴィラ戦の後、ウィルシャーの再負傷について軽度のものであるとの認識を示した。
 
「我々の元にまだはっきりとした知らせは届いていないが、専門医から思ったよりも容態はいいとの連絡を受けている」
 
「彼は高いモチベーションを保持している。私としては、復帰がほんの少し延期しただけだと信じたい。今週中により具体的なことが分かるだろう。ただ、彼がいつトレーニングを再開できるかについてはまだ知らされていない」
 
 ウィルシャーの怪我については、イングランド代表監督ファビオ・カペッロも頭を悩ませている。果たして若き天才MFはシーズン中に復帰し、ユーロ2012までにコンディションを整えられるのか。診断の結果が注目される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る