2012.01.30

インテル敗戦するも、長友は及第点「一瞬も止まらなかった」/伊紙

 セリエA第20節が29日に行われ、インテルはアウェーでレッチェと対戦したが前半に喫した1失点が響き、0-1で敗れた。7連勝中だったインテルが敗れたのは実に8試合ぶり。上位との差を縮めるために勝ち点3を獲得したい一戦だったが、ポイント獲得には至っていない。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は試合の採点を発表。左サイドバックとして先発フル出場したインテルの日本代表DF長友佑都には、「6」を与えた。寸評では、「一瞬も止まることなく攻撃やボールの奪取を続けていた。与えられた役割を十分にこなし、評価に値した」と、敗戦という結果ながら、個人のパフォーマンスとしては及第点が与えられるものだったとの見解を示した。

 一方、課題としては、「ラストパスを放たなければならない際に、高い精度のプレーができなかった」という点を指摘し、攻撃面でのパフォーマンスの向上を求めている。

 なお、インテルで最も高評価を受けたのはジュリオ・セザルで「6.5」。全体としてはレッチェのマッシミリアーノ・ベナッシで、「7.5」が与えられている。

[写真]=FOTO SINO

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る