2012.01.29

バイエルン監督、後半戦初白星に安堵「この勝利で自信が持てる」

 バイエルンは、28日に行われたブンデスリーガ第19節で日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクと対戦。ホームのバイエルンは2-0で快勝して、リーグ後半戦初勝利を挙げた。

 バイエルンのユップ・ハインケス監督が、試合を振り返ってコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 ハインケス監督は、「私からすれば、勝つべくして勝った試合だよ」とヴォルフスブルク戦の勝利についてコメント。「ただ(前節の)グラッドバッハ戦を落としていただけに今日は簡単ではなかった。それでも特に前半は、流れの中でチャンスを作り、辛抱強くプレーをし続けたね」とチームの勝利を喜んだ。

 また「守備面では、相手に何もさせなかったよ。ヴォルフスブルクの守りが試合を通じて続かないことは明らかだったんだ」と、チームの戦いぶりを語るとともに、シーズン後半戦に向けての意気込みを新たにしている。

「この勝利で自信を持つことができるよ。この先数週間はこの調子を続けられると思う。バイエルンのサッカーは非常に高いポテンシャルを持っているんだ」

 バイエルンはヴォルフスブルク戦の勝利で勝ち点を40まで伸ばし、ドルトムントとシャルケに勝ち点では並ばれているものの、得失点差で首位を維持している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る