2012.01.29

香川が2ゴールでドイツ通算20点目をマーク…ゲッツェの不在感じさせず

 28日にブンデスリーガ第19節が行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントはホームでホッフェンハイムと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 前節、絶妙アシストでチームの大勝に貢献した香川は、この日も抜群の存在感を見せる。31分、ドリブルでペナルティーエリアに侵入し、冷静なフィニッシュで先制点を奪うと、31分には見事なパスカットでカウンターの起点となり、2点目を演出。さらに55分にはケヴィン・グロスクロイツとのワンツーでゴール前に侵入し、この日2点目を挙げ、チームをリーグ戦3連勝に導いた。

 この日の2ゴールで、ドルトムントでの公式戦通算20ゴールを達成した香川。今シーズンのリーグ戦得点数は6ゴールとなり、昨シーズンにマークした8ゴールにあと2点と迫っている。

 現在、香川とともに攻撃陣をけん引してきたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが負傷で戦線離脱中。しかし、香川はその穴を感じさせないほどのプレーを披露。好調のドルトムントを支えている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る