2012.01.29

香川2ゴール、ドルトムントがホッフェンハイムを下し3連勝

 28日にブンデスリーガ第19節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホームでホッフェンハイムと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 スタメン出場を果たした香川は16分、セバスティアン・ケールがカットしたボールを受けると、ドリブルでDFをかわしシュート。これがゴールへと吸い込まれ、先制点を奪う。

 31分には香川が敵陣でパスカットし、カウンターの起点となると、最後はヤクブ・ブラスチコフスキのクロスをケヴィン・グロスクロイツが右足で合わせて2点目を奪取。さらに、55分には香川がグロスクロイツとのワンツーからシュートを流し込み、この日2点目を挙げた。

 ドルトムントはこれでリーグ戦3連勝。2得点をマークした香川は今シーズンの得点数を6ゴールに伸ばしている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る