2012.01.28

昇格組で13位のラージョが国王杯・ELを戦うビルバオを迎え撃つ

 ラージョ・バジェカーノは、現在6勝4分9敗、13位。ここ3試合は、第18節ホームに強豪セビージャを迎え撃ち2-1で撃破、続く第19節アウェーでグラナダ相手に2-1で勝利、そして前節ホームでマジョルカに0-1と敗戦を喫した。しかし、2勝1敗とまずまずの結果と言える。

 チーム得点王のMFミチュは現在8得点、そしてFWラウール・タムードは5得点、さらにこの冬の移籍市場でアトレティコ・マドリードから新戦力として、FWジエゴ・コスタが加わることとなった。本人は、「右ひざのけがの治療で半年間も休んでいるから、まだ体は本調子ではないが、あと3~4週間ぐらいで復帰できると思う。状態が良くなれば、チームの助けになれると思うし、たくさんのことができると思う」と、新チームへの抱負を語った。待望のけがからの復帰へ向けて期待は高まる。なお、右サイドバックのティトが胃腸炎のため、今節出場は微妙。

 アスレティック・ビルバオは、現在6勝8分5敗、前節の9位から7位に浮上し、虎視眈々とヨーロッパリーグ進出圏内を狙っている。リーガでの最近の3試合を見ると1勝1分1敗、2試合のアウェーゲームのうち1試合はレアル・マドリード相手。前節ビルバオはサンチャゴ・ベルナベウへ乗り込んだが、先制点を奪うも後半退場者を出してしまい1-4で敗北を喫した。完敗に近い結果と言えるが、決して消極的な結果ではない。むしろ課題、ディフェンスの弱さが浮き彫 りになったとも言える。マルセロ・ビエルサ監督がいかに修正してくるか、注目したい。

 ビルバオはヨーロッパリーグもさることながら、コパ・デル・レイでもベスト4へ進出。準々決勝でマジョルカと対戦し、ホーム、アウェーともに勝利を挙げ、準決勝へ駒を進めた。準決勝の相手は3部相当に所属するミランデス。エスパニョールを破ってきているだけに油断は禁物。現地時間来週火曜日にホーム& アウェーのファーストレグが行われる。リーガとコパ・デル・レイ、さらにヨーロッパリーグでメンバーをあまり入れ替えていないため、ここからの後半戦をどのようにしのいでくるかにも、注目が集まる。なお、今節は前節退場処分のFWオスカル・デ・マルコスが出場停止となり、左サイドバックのヨン・アウルテネチェが出場停止から明ける。

【予想スタメン】
・ラージョ・バジェカーノ[4-2-3-1]
GK:13.ダニ・ヒメネス
DF:2.ティト(21.ヨルディ・フィゲラス)、5.アレハンドロ・アリーバス、4.ミケル・ラバカ、3.ホセ・マヌエル・カサード
MF:7.ホセ・マリア・モビージャ、18.ハビ・フエゴ、8.ミチェル(17.ロベルト・トラショラス)、20.ミチュ、10.ピティ(11.ペドロ・ボテーリョ)
FW:9.ラウール・タムード

・アスレティック・ビルバオ[4-2-3-1]
GK:1.ゴルカ・イライソス
DF:15.アンドーニ・イラオラ、5.フェルナンド・アモレビエタ、24.ハビ・マルティネス、3.ヨン・アウルテネチェ
MF:8.アンデル・イトゥラスペ、17.イニーゴ・ペレス、14.マルケル・スサエタ、21.アンデル・エレーラ、19.イケル・ムニアイン
FW:9.フェルナンド・ジョレンテ(2.ガイツカ・トケーロ)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング