FOLLOW US

レアルのモウリーニョ監督、駐車場で主審を待ち伏せ糾弾

 バルセロナ贔屓の判定が目立ったコパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグの終了後、スタジアム内の駐車場でレアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督がテイシェイラ・ビティエネス主審を待ち構え、「とんだアーティストだ。プロフェッショナルをバカにするのがそんなに楽しいか?」などと糾弾して口論になったと、26日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。試合後の会見では判定についての言及を避けていたが、やはりかなりの不満をため込んでいたようだ。

 翌27日に49歳の誕生日を迎えたモウリーニョ監督。同日の練習前にはキャプテンのGKイケル・カシージャスとDFセルヒオ・ラモスがケーキを用意し、チームで祝福する様子がテレビなどで伝えられた。同監督とスペイン代表組との不仲が伝えられたばかりなだけに、チーム一丸をアピールする出来事となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO