2012.01.27

パク・チソン「僕が韓国代表に復帰したところで危機は終わらない」

 マンチェスター・Uに所属する元韓国代表MFパク・チソンは、イギリス紙『サン』の取材に対し、韓国代表へ復帰する意志がないことを明らかにした。

 現在30歳のパク・チソンは、京都やオランダリーグ・PSVでのプレーを経て、2005年にマンチェスター・Uに加入。豊富な運動量と複数のポジションをこなせるユーティリティ性を持ち味とし、多くの勝利に貢献してきた。韓国代表としては2002日韓大会、2006ドイツ大会、2010南アフリカ大会と、ワールドカップ(W杯)3大会連続でゴールを決める活躍を見せたが、昨年1月に行われたアジアカップを最後に代表引退を表明。現在も復帰を願う声はファンから多数挙がっているものの、パクは復帰の意志がないと改めて語っている。

「もしも復帰する可能性があるなら、僕は最初から引退なんてしないよ。僕のようなプレーヤーが一人復帰したところで、すぐに危機を乗り越えられるわけではないんだから」

 2014年ブラジルW杯での復帰の噂も否定したが、母国に対し「韓国は危機にあえいでいる、と様々なところで報じられているのを目にする。そういう報道に心を痛めることもあるかもしれないけど、集中して良いパフォーマンスを続ければ結果はついてくるはず」とエールを送っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
アトレティコ・マドリード
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る