FOLLOW US

CSKA幹部、本田とラツィオ間の合意を明言…焦点は移籍金交渉一点に

 CSKAモスクワのゼネラル・マネージャーを務めるロマン・ババエフ氏は、日本代表MF本田圭佑の獲得を目指しているラツィオが選手側と基本合意に達していると認めた。イタリア紙『イル・テンポ』が26日付で報じている。

 ババエフ氏は交渉の現状について、「ラツィオと本田は合意に達したはずだ。これは事実だ」とコメント。既に本田側はイタリア行きで合意していると明かした。

 とはいえ、CSKAとラツィオ間で行われている移籍金に関する交渉は難航している様子。一部では元アルゼンチン代表GKフアン・パブロ・カリーソの譲渡が提案されたと噂されているが、「その情報は正しくない。その件について話し合いがあった事実はない」と報道を否定した。

 本田の心は既にイタリアへ傾いているようだが、移籍金の希望額2、300万ユーロ(約2、3億円)の開きが障害になっているのが現状。移籍市場は1月末まで開いているため、最終日まで交渉が続けられるのが通常の傾向だ。クラブ間交渉は、ぎりぎりまで続いて行く様相を呈している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO