2012.01.27

ジェラードがカーディフを警戒「シティ戦のようなパフォーマンスを」

 マンチェスター・Cを下し、カーリングカップ決勝に駒を進めたリヴァプール主将のスティーヴン・ジェラードはチームメートに対し、同大会決勝において順当な結果など存在しないと警告したようだ。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ファイナルを戦うカーディフはチャンピオンシップ(2部相当)に所属するチームだけあって、リヴァプールが優勢であるとの見方は強い。しかし、ジェラードは昨シーズンの決勝戦を引き合いに出し、決して気を緩めてはならないと主張した。
 
「昨季、大本命とされていたアーセナルがバーミンガムに敗れた。現実にこういったことは起こり得るんだ。僕はリバプールが優勝に値するチームだと確信しているけど、同時に僕たちはカーディフをリスペクトし、シティ戦のような勇敢な姿勢を示さなければならない」
 
「カーディフには勝ち進んできた勢いがある。彼らには、これまで体験したことないようなレベルでプレーさせる必要があるね。僕たちのプレー水準を落とさないことが重要だ」
 
「僕たちが質の高いサッカーをすることができれば、カップを掲げることができるはずさ」
 
 2005-06シーズンのFAカップ以来、6年ぶりとなるタイトルに向け、キャプテンに油断はないようだ。

 なおカーリングカップ決勝戦は、2月26日にキックオフが予定されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る