2012.01.25

香川ドルトムントに痛手…ドイツ代表MFゲッツェが最大8週間の離脱

 ドルトムントは24日、ドイツ代表MFのマリオ・ゲッツェが6~8週間離脱すると、クラブの公式HPで発表した。

 昨年末から負傷によりピッチから遠ざかることが多くなったゲッツェは、ブンデスリーガ再開初戦のハンブルガーSV戦も欠場。状態が心配されていたが、恥骨を痛めていることが分かり、長期離脱になる見込み。

 ゲッツェは今後、2週間程度静養した後にリハビリにあたり、3月10日のアウクスブルク戦での復帰を目指していくという。

 第18節を終了してブンデスリーガの上位は大混戦。首位のバイエルンから2位ドルトムント、3位シャルケまでが勝ち点で並び、ボルシアMGが勝ち点1差の4位につけている。連覇を成し遂げたいドルトムントにとって、大きな影響が出かねない事態となっている。また、日本代表MF香川真司にとっても、絶妙のコンビネーションを見せるゲッツェの離脱は痛手と言えそうだ。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る