2012.01.25

バロテッリ、暴力行為での4試合出場停止に不服で英国から去る?

 マンチェスター・Cに所属するイタリア代表FWのマリオ・バロテッリは、暴力行為によりFA(イングランドサッカー協会)から4試合の出場停止処分を受けたことを不服とし、クラブから退団するかもしれない。イギリス紙『サン』が報じている。

 バロテッリは22日に行われたプレミアリーグ第22節のトッテナム戦でスコット・パーカーを踏みつけたとして処分が科されていた。しかしバロテッリ側は「意図的ではなかった」と主張し、処分が不当なものだと訴えている。代理人を務めるミーノ・ライオラは以下のように不満を露わにした。

「FAはマリオを守らなければならない。さもなければ彼はイングランドから離れることを考えるだろう。4試合の出場停止は不当な処分だ。意図的なファールではなかったのだから」

「マリオは誰かを傷つけたいなんて考えない。実際、パーカーを見ていなかったじゃないか?それがすべてだよ」

 バロテッリはピッチ内外でトラブルメーカーとして知られている。周囲の喧騒に対して、バロテッリは「WHY ALWAYS ME?(何でいつも俺なんだ?)」とメッセージを発したこともあった。しかし過去には「退屈だったから」下部組織の選手にダートを投げつけて問題を起こすなど、笑ってすまされない“事件”も数々起こしていることから、その行動を問題視する声は後を絶えていない。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る