FOLLOW US

本田、約14億円でラツィオ移籍へ…25日中にも決定の可能性

 CSKAモスクワに所属する日本代表MF本田圭佑のラツィオへの移籍が間近に迫っていると、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ラツィオ側の代表がロシアへと出向いて行われた先週末の交渉ではラツィオが総額1200万ユーロ(12億円)のオファーを提示したのに対し、CSKAモスクワは1600万ユーロ(約16億円)を要求。移籍金に関する折り合いがつかず、結論は持ちこされていた。

 しかし、ラツィオが移籍金を1400万ユーロ(約14億円)に増額させることで決着がつく公算が大きいという。

 CSKAモスクワのイェフゲニ・ギネル会長も、「双方の要望に2、300万ユーロ(2、3億円)の開きがあることは事実だが、25日までに埋めることは可能だ。移籍が決まると断定はできないが、これからの数日で起こることを見ていくことにしよう」と話し、移籍金で折り合いがつけば移籍を容認する構え。

 “ラツィオ本田”誕生へ向けた動きは、最終局面へと突入している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO