2012.01.24

レアルがリーガ前半戦の歴代最多得点記録を更新…バルサの記録を破る

 リーガ・エスパニョーラ前半戦を首位で折り返したレアル・マドリードが、同リーグ前半戦の歴代最多得点記録を更新した。同クラブの公式HPが伝えている。

 レアル・マドリードは、19試合で67得点を記録。トップスコアラーはクリスティアーノ・ロナウドの23得点で、その後に14得点のゴンサロ・イグアイン、10得点でカリム・ベンゼマと続いている。

 これまでの記録は、昨シーズンにバルセロナが叩き出した61得点だったが、ライバルの記録をわずか1年で塗り替えることになった。このペースで得点を重ねれば、シーズン終了後には134点を記録する計算となり、レアル・マドリードが1989-90シーズンに記録したリーガ最多得点の107を大きく上回ることになる。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る